編集者という病い 評判 口コミ 電子書籍 品揃え

BookLive「ブックライブ」の編集者という病い無料立ち読み


僕はこうやって生きてきた――出版界に大旋風を巻き起こす見城徹(幻冬舎社長)の仕事・人生の総決算の書。「顰蹙は金を出してでも買え!」「薄氷を薄くして踏み抜け」など過激なスローガンを掲げて見城徹が創立した幻冬舎は、驚異的成長を続け、沈滞する文芸出版界に強烈な衝撃を与え続けている。その総帥の著者が、半生の生き方と仕事の仕方を振り返り、七転八倒と感動と苦悩の日々を惜しみなく書き綴った類希な人生の書。勇気と感動、悲惨と栄光、この本には人間の情動のすべてが詰め込まれている。尾崎豊との出会い―仕事―別れに始まり、坂本龍一、石原慎太郎、村上龍、五木寛之、中上健次、松任谷由実、など綺羅星の如く並ぶ物書きたちとの深い交流とドラマチックな日々。現役の編集者が作家たちの素顔をここまで踏み込んで書いたことはないだろう。誰よりも深い劣等感を抱く著者が、誰にも負けない努力と情熱を傾けて戦い続けた日々を感動的に描き出す、人生記録の白眉がここに誕生した。老若男女に関わらず、表現と文学と感動にこだわるすべての人々への無上の贈り物。
続きはコチラ



編集者という病い無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


編集者という病い詳細はコチラから



編集者という病い


>>>編集者という病いの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)編集者という病いの料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する編集者という病いを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は編集者という病いを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して編集者という病いを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)編集者という病いの購入価格は税込で「1382円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)編集者という病いを勧める理由

編集者という病いって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
編集者という病い普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
編集者という病いBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に編集者という病いを楽しむのにいいのではないでしょうか。


中身が理解できないままに、表題だけで漫画を購入するのはリスクが大きいです。いつでも試し読みができるBookLive「編集者という病い」サービスなら、おおよその中身を吟味してから買うか・買わないかを判断できます。
コミックなどの書籍代金は、1冊ずつの単価で見れば高くはないかもしれませんが、何冊も購入すれば毎月の支払は嵩んでしまいます。読み放題なら固定料金なので、出費を抑制できます。
一括りにして無料コミックと言っても、買うことができるカテゴリーは様々あります。アダルト系なども含めた様々な漫画が揃っていますから、あなたが希望するような漫画が必ず見つかるでしょう。
販売部数の伸び悩みが指摘される昨今ですが、電子書籍は斬新な仕組みを提案することによって、新規ユーザーをどんどん増やしています。前代未聞の読み放題という売り方がそれを現実化したのです。
スマホで閲覧することができるBookLive「編集者という病い」は、出掛ける時の持ち物を減らすのに貢献してくれます。バッグの中などに何冊も本を詰めて持ち運ぶなどしなくても、好きな時間に漫画を閲覧することが可能です。




編集者という病いの情報概要

                    
作品名 編集者という病い
編集者という病いジャンル 本・雑誌・コミック
編集者という病い詳細 編集者という病い(コチラクリック)
編集者という病い価格(税込) 1382円
獲得Tポイント 編集者という病い(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ