「母のことなど17の小品」 評判 口コミ 電子書籍 品揃え

BookLive「ブックライブ」の「母のことなど17の小品」無料立ち読み


1965年(昭和40年)11月に刊行された山本利男の2冊目の詩集。自分の生にかかわる感動を詩にしていた20代後半の作品から、17篇を自選している。夭折した兄への思い「鯖雲」や、流産で亡くした第一子と妻の「部屋」「蚊帳」。そして「母」の詩に見られる素直なまでの思慕は、長兄を失ったあとの唯一の男子をいかに愛した母親であったかが読み取れる。“ぼくはいよいよ肥っていかねばならないのだ”作品「母」この最終行と「あとがき」の“わたしはいよいよ人生の中核にすすむ年代になった”が呼応するが、大人の純粋について思念することは変わらないだろうと青年山本は予見している。この詩集から十年後、筆名を十四尾と変えたことも、三十代をまたいだこのときに構想していたのかもしれない。 石下典子
続きはコチラ



「母のことなど17の小品」無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


「母のことなど17の小品」詳細はコチラから



「母のことなど17の小品」


>>>「母のことなど17の小品」の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「母のことなど17の小品」の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する「母のことなど17の小品」を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は「母のことなど17の小品」を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して「母のことなど17の小品」を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)「母のことなど17の小品」の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)「母のことなど17の小品」を勧める理由

「母のことなど17の小品」って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
「母のことなど17の小品」普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
「母のことなど17の小品」BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に「母のことなど17の小品」を楽しむのにいいのではないでしょうか。


仕事がとても忙しくてアニメを見る時間を確保することができないという社会人にとっては、無料アニメ動画がピッタリです。定められた時間帯に視聴する必要がないわけですから、空き時間に見ることができます。
Web上の通販ショップでは、原則としてタイトルと表紙、あらすじぐらいしか見えてきません。だけれどBookLive「「母のことなど17の小品」」でしたら、かなりの部分を試し読みで確認できるのです。
買いたい漫画は様々あるけれど、入手したとしても本棚がいっぱいでしまえないという人もいるようです。だからこそ、片づけの心配などしなくても良いBookLive「「母のことなど17の小品」」の評判が高まってきているのでしょう。
漫画を買う人の数は、年を追うごとに低減している状態なのです。以前と同じような販売戦略に固執せず、集客力のある無料漫画などを前面に打ち出すことで、新規顧客の獲得を目指しているのです。
近年、電子書籍業界では全く新しい「読み放題」というプランが登場し人気急上昇中です。1冊ごとにいくらではなくて、月極めいくらという課金方法になっているのです。




「母のことなど17の小品」の情報概要

                    
作品名 「母のことなど17の小品」
「母のことなど17の小品」ジャンル 本・雑誌・コミック
「母のことなど17の小品」詳細 「母のことなど17の小品」(コチラクリック)
「母のことなど17の小品」価格(税込) 540円
獲得Tポイント 「母のことなど17の小品」(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ