営業てんてこ日誌 (1) 評判 口コミ 電子書籍 品揃え

BookLive「ブックライブ」の営業てんてこ日誌 (1)無料立ち読み


東亜電機の営業部へ転属になったサラリーマン・南田ヨー助(みなみだ・よーすけ)が、営業マンとして奮闘していく熱血ビジネスコミック。東亜電機の厚生課から営業部へと転属になった南田ヨー助は、厚生課の皆に温かく送り出される。そして営業部初日、挨拶もそこそこで実働に入ったヨー助は、鬼のような係長・柴田(しばた)から営業の基本を叩き込まれて……!?
続きはコチラ



営業てんてこ日誌 (1)無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


営業てんてこ日誌 (1)詳細はコチラから



営業てんてこ日誌 (1)


>>>営業てんてこ日誌 (1)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)営業てんてこ日誌 (1)の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する営業てんてこ日誌 (1)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は営業てんてこ日誌 (1)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して営業てんてこ日誌 (1)を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)営業てんてこ日誌 (1)の購入価格は税込で「324円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)営業てんてこ日誌 (1)を勧める理由

営業てんてこ日誌 (1)って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
営業てんてこ日誌 (1)普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
営業てんてこ日誌 (1)BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に営業てんてこ日誌 (1)を楽しむのにいいのではないでしょうか。


スマホで読むことのできる電子書籍は、嬉しいことに文字サイズを変更することができるので、老眼で見えにくいおじいさん・おばあさんでもサクサク読めるという特長があります。
あらかじめ中身を確認することが可能だったら、買ってから後悔することがありません。普通の書店で立ち読みをするように、BookLive「営業てんてこ日誌 (1)」においても試し読みをするようにすれば、どんな漫画か確認できます。
電車を利用している間も漫画をエンジョイしたいといった人にとって、BookLive「営業てんてこ日誌 (1)」ほど役立つものはないと言えます。スマホを持ち運ぶだけで、手間をかけずに漫画に没頭することができます。
入手してから「予想よりも楽しむことができなかった」という場合でも、単行本は返品が認められません。しかしながら電子書籍ならまず試し読みから入れるので、そうした失敗を防ぐことができるというわけです。
連載中の漫画などは連載終了分まで購入する必要があるため、とりあえず無料漫画で試し読みするという人が増加しています。やはりその場で購入するかどうか決めるのは敷居が高いのでしょう。




営業てんてこ日誌 (1)の情報概要

                    
作品名 営業てんてこ日誌 (1)
営業てんてこ日誌 (1)ジャンル 本・雑誌・コミック
営業てんてこ日誌 (1)詳細 営業てんてこ日誌 (1)(コチラクリック)
営業てんてこ日誌 (1)価格(税込) 324円
獲得Tポイント 営業てんてこ日誌 (1)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ