ようこそ、わが家へ 評判 口コミ 電子書籍 品揃え

BookLive「ブックライブ」のようこそ、わが家へ無料立ち読み


恐怖のゲームがはじまった。真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが投げ込まれた。さらに車は傷つけられ、部屋からは盗聴器まで見つかった。執拗に続く攻撃から穏やかな日常を取り戻すべく、一家はストーカーとの対決を決意する。一方、出向先のナカノ電子部品でも、倉田は営業部長に不正の疑惑を抱いたことから、窮地に追い込まれていく。直木賞作家が“身近に潜む恐怖”を描く文庫オリジナル長編を電子化。
続きはコチラ



ようこそ、わが家へ無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


ようこそ、わが家へ詳細はコチラから



ようこそ、わが家へ


>>>ようこそ、わが家への購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ようこそ、わが家への料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するようこそ、わが家へを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はようこそ、わが家へを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してようこそ、わが家へを購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)ようこそ、わが家への購入価格は税込で「745円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)ようこそ、わが家へを勧める理由

ようこそ、わが家へって、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
ようこそ、わが家へ普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
ようこそ、わが家へBookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にようこそ、わが家へを楽しむのにいいのではないでしょうか。


スマホを介して電子書籍を手に入れれば、会社への移動中やお昼休みなど、どんなところでも楽しめるのです。立ち読みもできるシステムとなっていますから、店頭まで足を運ぶことなど必要ありません。
手間なくダウンロードして楽しむことができるというのが、無料電子書籍の利点です。書籍売り場まで行く必要も、通信販売経由で買った本を届けてもらう必要も全然ないわけです。
スマホで読むことができるBookLive「ようこそ、わが家へ」は、通勤時などの持ち物を減らすのに有効だと言えます。バッグやリュックの中に何冊もの本を詰め込んで持ち運ぶようなことをしなくても、好きな時にコミックを読むことができるわけです。
電子書籍はクレカで買うので、知らず知らずのうちに料金が高くなっているということがあるようです。しかしながら読み放題でしたら月額料が固定なので、読み過ぎても支払金額がバカ高くなることを心配する必要がありません。
恒常的に山のように本を読む人にとっては、一定の月額費用を納めることによって何十冊であろうとも読み放題で楽しめるというユーザーからの評価も高いシステムは、まさに斬新と言って間違いないでしょう。




ようこそ、わが家への情報概要

                    
作品名 ようこそ、わが家へ
ようこそ、わが家へジャンル 本・雑誌・コミック
ようこそ、わが家へ詳細 ようこそ、わが家へ(コチラクリック)
ようこそ、わが家へ価格(税込) 745円
獲得Tポイント ようこそ、わが家へ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ