教養としての聖書 評判 口コミ 電子書籍 品揃え

BookLive「ブックライブ」の教養としての聖書無料立ち読み


ビジネスパーソン必携! 宗教は基礎教養のひとつだが、実際に「聖書」を読み進めたことのある人はどれくらいいるだろうか。本書では、旧約聖書より創世記、出エジプト記、申命記、新約聖書よりマルコ福音書、ローマ人への手紙、ヨハネ黙示録をピックアップし、宗教社会学の大家がダイジェスト形式で解説。スラスラ読み進めることができる、画期的かつ最強の「聖書」ガイドになっている。これを読めば、聖書の中身が7割方わかる!
続きはコチラ



教養としての聖書無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


教養としての聖書詳細はコチラから



教養としての聖書


>>>教養としての聖書の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)教養としての聖書の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する教養としての聖書を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は教養としての聖書を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して教養としての聖書を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)教養としての聖書の購入価格は税込で「853円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)教養としての聖書を勧める理由

教養としての聖書って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
教養としての聖書普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
教養としての聖書BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に教養としての聖書を楽しむのにいいのではないでしょうか。


「乗車中に漫画本を広げるなんてあり得ない」、そういった方でもスマホそのものに漫画を保存すれば、恥ずかしい思いをする必要がなくなると言えます。率直に言って、これがBookLive「教養としての聖書」の良いところです。
BookLive「教養としての聖書」を読むと言うなら、スマホが一押しです。デスクトップパソコンは持ち運べないし、タブレットもバスや電車などの混雑した中で閲覧するという時には適していないと考えられるからです。
漫画の虫だという人にとって、読了した証として収蔵している単行本は大切だということは認識していますが、「読むことができればOK」という人だとすれば、スマホで楽しむことができるBookLive「教養としての聖書」の方が使い勝手もいいでしょう。
色んなジャンルの書籍をたくさん読みたいという読書家にとって、次から次に買うのは金銭的な負担も大きいと言って間違いないでしょう。ですが読み放題を活用すれば、書籍購入代金をかなり節約することができるので負担が軽くなります。
無料コミックでしたら、買おうかどうか決断し切れずにいる漫画の一部分を無料で試し読みするということができます。購入する前に話の中身をおおまかに読めるので、非常に人気を博しています。




教養としての聖書の情報概要

                    
作品名 教養としての聖書
教養としての聖書ジャンル 本・雑誌・コミック
教養としての聖書詳細 教養としての聖書(コチラクリック)
教養としての聖書価格(税込) 853円
獲得Tポイント 教養としての聖書(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ