氷柱 評判 口コミ 電子書籍 品揃え

BookLive「ブックライブ」の氷柱無料立ち読み


隠者のような生活を送っていた男が犯罪行為に手を染めていく過程を描く 街の一角に三万坪の居を構えて住む風変わりな男……名は小城江保、人呼んで氷柱(つらら)。彼は、ある日遭遇した少女の轢き逃げ事件を契機に、自身が途惑うほどの情熱に衝き動かされ、犯罪行為に手を染めていく。●多岐川恭(たきがわ・きょう)1920年福岡県生まれ。東大経済学部卒。戦後、横浜正金銀行をへて毎日新聞西部本社に勤務。1953年『みかん山』で作家デビュー。『濡れた心』で第4回江戸川乱歩賞を、翌年には短編集『落ちる』で第40回直木賞を受賞。以降、推理小説と共に時代小説も旺盛に執筆した。
続きはコチラ



氷柱無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


氷柱詳細はコチラから



氷柱


>>>氷柱の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)氷柱の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する氷柱を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は氷柱を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して氷柱を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)氷柱の購入価格は税込で「486円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)氷柱を勧める理由

氷柱って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
氷柱普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
氷柱BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に氷柱を楽しむのにいいのではないでしょうか。


電子書籍も小説や漫画と同様に情報そのものが商品なので、内容が微妙でも返金請求はできません。ですので中身を確かめるためにも、無料漫画を閲覧することが大切です。
コミックサイトの一番のアピールポイントは、取り揃えている漫画の数が本屋とは比較できないくらい多いということだと思います。売れ残るリスクがありませんので、多岐に及ぶタイトルを扱えるのです。
カバンなどを持ちたくない男性にとって、スマホで無料電子書籍が読めるというのはありがたいことなのです。いわばポケットにインして本とか漫画を持ち運べるというわけなのです。
電車を利用している間も漫画を楽しみたいと欲する人にとって、BookLive「氷柱」ほど有用なものはないのではと思います。スマホというモバイルツールを所持していれば、余裕で漫画を満喫できます。
漫画好きだということを隠しておきたいという人が、このところ増えていると聞きます。自分の部屋に漫画の隠し場所がないという事情を抱えていたとしても、BookLive「氷柱」を活用すれば誰にも知られることなく漫画を満喫できます。




氷柱の情報概要

                    
作品名 氷柱
氷柱ジャンル 本・雑誌・コミック
氷柱詳細 氷柱(コチラクリック)
氷柱価格(税込) 486円
獲得Tポイント 氷柱(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ