Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法 評判 口コミ 電子書籍 品揃え

BookLive「ブックライブ」のWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法無料立ち読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。本書はポータビリティ(移植性)にフォーカスした書籍です。本書における「ポータビリティ」とは、ソースコード、特にCのソースコードをさまざまなOS、アーキテクチャで移植可能にしていくかということを指します。しかし、本書で取り上げていることは、C/C++だけに当てはまるものではなく、どのような開発環境でも通用するものです。本書では、ポータビリティを考える上で見落しがちな罠(必ずあると思っている関数は特定のアーキテクチャでは存在しない、テキストファイルですら互換性の問題を孕んでいるなど)、数値計算やデータ処理における各OS・アーキテクチャでの特徴的な事項といった多様な事柄を取り上げています。特に前半では、実例のCコード、筆者の作ったSALオーディオライブラリでの経験談、ポータビリティを実現するライブラリであるPOSH(Portable Open Source Harness)の利用例を豊富に掲載し、どういったところに留意すべきかをわかりやすく説明しています。いかに移植性の高いソフトウェアを書くか、つまり、いかに幅広い環境で動くようにするかについて留意すべきことはたくさんありますが、そのための簡単な法則というものはなく、移植性を高くするための多くの知識は散在しており、移植性の高いソフトウェアを開発するにはそれなりの経験がなければできませんでした。そのような知識・経験に基づく知恵を1冊の本にまとめたのが本書です。本書を読めば、移植性の高いコードをどのように書けばよいのかが理解できるようになるでしょう。名著『Write Portable Code』(2006年6月 日本語版、弊社刊行)、待望の復刊です。
続きはコチラ



Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法詳細はコチラから



Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法


>>>Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法の購入価格は税込で「4384円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法を勧める理由

Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法を楽しむのにいいのではないでしょうか。


「どのサイトを介して書籍を購入するか?」というのは、かなり重要な事です。売値やサービスの中身などが異なるわけですから、電子書籍は比較しないとならないと考えています。
本のネット書店では、概ねタイトルなどに加えて、大体のあらすじのみが分かるだけです。それに比べBookLive「Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法」を利用すれば、数ページを試し読みで確かめられます。
「家の外でも漫画を読みたい」と言う方にちょうど良いのがBookLive「Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法」だと断言します。荷物になる書籍を持ち運ぶこともないので、バッグの中身も減らせます。
定期的に新しい漫画が追加されるので、いくら読んでも読むものが無くなるなんて状況にならないというのがコミックサイトの人気の理由です。本屋では扱われない珍しい作品も買うことができます。
買って読みたい漫画はいっぱい発売されているけど、買っても置く場所がないと悩む人もいます。そんな問題を回避するために、片づけに気を取られなくて良いBookLive「Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法」の使用者数が増加してきたようです。




Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法の情報概要

                    
作品名 Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法ジャンル 本・雑誌・コミック
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法詳細 Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法(コチラクリック)
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法価格(税込) 4384円
獲得Tポイント Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ